トップページ > 会社の経営を困難にさせる経営者同士のトラブル

"会社でトラブルが起こることは沢山ありますが、ほとんどは社員同士の些細なトラブルです。よって、トラブルを起こした社員同士を引き離したりすれば事は収集しますが、経営者同士のトラブルはちょっと様子が異なります。

経営者同士のトラブルは、時と場合によっては会社を二分するようなことも考えられます。トラブルが起こるとほとんどの場合会社にとってはマイナスな方向にいってしまいますので、経営者は経営の手腕ももちろん必要になりますが、人間的に成熟していないとなかなか健全な経営を保つことは難しくなります。些細なトラブルで会社に損失を与えていては、経営者としては完全に失格です。

会社でのトラブルは沢山考えられますが、経営者同士のトラブルだけは何としても避けて通らなければなりません。"

関連エントリー