トップページ > 勤務スタイルの見直し

"医療や福祉に憧れてその仕事を目指す人も多いですが、その反面で仕事がキツくて大変という
良くないイメージも定着しています。
昔はその大変な分、しっかり対価を頂けたけど、今は割に合わないと受け止めている人も多いです。
まずはその点の改善が必要だと思います。

この仕事は一生出来る事だという安定感の良さをもっとアピールすべきです。
また、女性だと結婚や出産で止むなく離職する人もいます。
その後また現場に復帰しやすい点も大きな魅力だと思います。

今後は主婦が復職しやすいような勤務スタイルの柔軟性を打ち出してはどうでしょうか?
とにかく人手が足りない業界です。
フルタイムの正社員に頼るのではなく、1日3時間位からの短時間勤務や、平日のみの勤務、
週1日からでも勤務可能、など、子どもがいる主婦でも働きやすい環境になれば、
もっと復職できる人が増えると思います。
実際に働きたくても正社員のように縛りが多い勤務体制ではムリだと感じ、諦めている
有資格者や経験者はたくさんいます。
その人達を活かせるような職場作りをしてみたはどうでしょうか?"

関連エントリー