トップページ > 中学3年の頃から真面目に取り組んでました

"中学生の時の英語は簡単でした。
単語も文法も単調で何も勉強しなくても、悪い点数を取るようなことはありませんでした。
しかし、3年生の頃になるとさすがに複雑になっていました。受験も控えていたので分からなくなってしまったところから見直して、復習をしていました。

勉強の工夫として朝早めに起きて、朝ご飯の前にやるようにしていました。
勉強の基本ともいえますが、朝の涼しい時に夜ぐっすりと休めた脳を使うのはとても効率的でした。
おかげで高校受験も問題なく、志望校に受かる事もできましたし、勉強法も確立できていたので英語に対して苦手意識を持つことはありませんでした。

英語の勉強は夜疲れている時より、朝やったほうが単語の吸収率も良かったし、文章を断片的に読んでも分かることが多かったです。
"

関連エントリー

こちらのサイト⇒髪型自由の派遣会社・アルバイトの求人ではお仕事求人満載!