トップページ > 空いた時間を有効に使いたい

家事・趣味のあいたゆとりの時間のみホームヘルパーとして働きたい人もいます。マイペースで週に1,2回、数時間の勤務で働きたいという人もたくさんいます。

短時間のホームヘルパーとしては働く場合でも、必ずホームヘルパー養成研修を受け、2級以上の資格を取得しておく必要があります。

ほんのわずかな時間の仕事だから、ゆとりの時間だけの仕事だからといういいかげんな気持ちで介護の仕事につくことは許されません。働く以上はプロとしての職業意識は身に付けなければなりません。登録先と計画したスケジュールは少ない時間だからこそ守らなくてはなりません。中途半端な気持ちでホームヘルパーの仕事につくことだけは避けましょう。


育児と両立して働きたい


出産・育児後にホームヘルパーとして働きたい人もいます
結婚・出産のため会社を退職し、育児が一段落して再び働きたいという人はたくさんいます。そのその中で介護と育児はどちらも人間相手という事でホームヘルパーを目指す人は少なくありません。

ホームヘルパーの養成研修を受けたり、育児の最中に時間を見つけて通信教育でホームヘルパーの資格を取っておく事がよいでしょう。まずは登録ヘルパーとしては働く事をお奨めします

まだまだ、子供に手のかかる主婦、子供は大人の都合とは関係なく病気になったりします。急に仕事を休まなくてはならない事もたびたび起こります。そのためにも家族でよく話し合っておく事が一番、次に登録先とも緊急の場合の予定変更に理解を求め、話し合っておかなければなりません。

関連エントリー

人から教えてもらって人材派遣会社の掛け持ち登録は可能なのか?複数派遣登録ガイドから派遣先を選びました。