トップページ > 仕事の選択肢を増やすため

将来の仕事を探す一環としてホームヘルパーとして働く人もいます。
まだ自分のしたい仕事、自分に合った仕事を探す一つとしてホームヘルパーとしては働くという人もいます。

将来ホームヘルパーとしては働くとは限らない人にとって資格取得にかかる金銭的負担が大きいですね。その人はまず、仕事の休日等を利用してボランティアとして高齢者とのかかわりを持つ事をお奨めします。

また、2級のホームヘルパーの資格を取得した方なら、登録ヘルパーとして週に数回働けば、介護の仕事が自分にあっているのかを見極める事が出来ます。その中から介護という仕事が自分に合っているとわかれば資格取得をしてホームヘルパーとなればいいわけです


いずれ事業を立ち上げたい!


ホームヘルプ事業を立ち上げたいという人もいます
自治体の介護サービスの立ち遅れ、民間企業の進出が進まない地域、またホームヘルパーとして培ったノウハウを活かしてよりよい介護事業者を立ち上げたという人もいます。

法人設立も法的には以前より簡単になりましたが、自分で事業を立ち上げるとなると想像以上の労力が必要となります。

1度始めたら介護というその仕事の正確、また責任上、簡単にはやめることはできないという信念を持った上で事業を立ち上げなくてはなりません。

関連エントリー