トップページ > 将来の為の経験を積みたい

将来福祉の仕事するためにヘルパーとして経験を積みたいとして働く方もあります。

高校生の場合は卒業後に福祉関係の大学、専門学校に入学するのが資格取得の近道でしょう。福祉系の4年生の大学を卒業すれば、国家試験ナシで介護福祉士の資格が取得できます。また社会福祉士の受験資格も取得できます。専門学校の場合は卒業すれば介護福祉士の受験資格が得られます。

ホームヘルパー2級の資格は専門学校、福祉系の大学を卒業すれば資格が自動的に得られます。ホームヘルパーの資格を取得できるわけですから、まず将来福祉の仕事を続けたいという人はホームヘルパーとして介護の現場の実情を自分で経験しておくことも大切です。

ホームヘルパーとしては働く中で勉強して各種の資格を取得し正社員として働いていくのがよいでしょう。


介護経験を活かして働きたい


両親など親族の介護経験のある人はこの体験を活かして働きたいという人が多くいます。実際に介護を経験した人の強みは高齢者の気持ち、介護する人の気持ち両方ともよく理解できるというところです。

しかし自分は経験があるから大丈夫という過信はしてはいけません。介護経験が長いといっても介護に対する基礎知識を勉強し、介護のプロとしての意識を持つ事が大切です。まず、ホームヘルパー2級の資格をとり、家庭介護とプロとしての介護とは違うという意識をしっかりともった上で働かなく成りません。

働き方として,生活のためどうしても働かなくてはならない場合を除いては無理のない自分にあった非常勤・登録ヘルパーとして働くのがよいでしょう。時には今までの経験を生かして高齢者、家族の相談相手としての生活相談員となるのもよいでしょう。またボランティア活動に参加することもお勧めします。


定年後の生きがいにしたい


定年後の生きがいとしてホームヘルパーとして働きたいという人もいます。
第二の人生として社会に貢献した仕事を求める人もたくさんいます。まずヘルパー養成研修を受け、資格を取得しましょう。離職して1年以内ならば厚生労働省の教育訓練給付を受けることが出来ます。

まず、チャレンジする事が大切です。資格取得後は登録ヘルパーとして働く人が多いようです。利用者とヘルパーとの年齢差が少ない事から高齢者の気持ちもよくわかります。介護のプロとし体力的に無理だと感じたらボランィアとして活動する事も出来ます。

関連エントリー