トップページ > 民間団体への就職

1・民間の介護サービス会社
介護保険における事業者指定をうけた民間企業ではまず独自のホームヘルパー養成のため研修を有料で行っており、その研修をおえた人が資格取得後に登録して就職するケースがほとんどです。

登録ヘルパーは生活援助中心の仕事で、自分のスケジュール・時間帯・希望の収入など要望を聞いてくれます。

2・社会福祉法人・医療法人等
訪問介護・施設・通所などの介護保険サービスを手懸けているところが多いようです。生活援助のヘルパーとは仕事の内容に特性があります。仕事が違っています。自分の望む仕事の内容をしっかりと持った上で働きましょう。仕事は一般の企業並の朝から夕方までの勤務体制なので、就職希望者が多く倍率が高いのですが、採用されれば報酬は安定しています。

3・社会福祉協議会
社会福祉協議会は地域福祉推進をテーマに活動しています。地域の福祉のにないてとして今まで培ってきた経験とノウハウがあるので利用者に信頼があります。有休等の福利厚生制度が完備されているので就職希望者が多いようです。

4・JA・生協協同組合等
消費者が出資し、生活向上を目的として設立されているのが共同組合です。この協同組合も介護保険の指定業者としてホームヘルパーの派遣を行っています。JA・生活共同組合は地域に密着しており、利用者が組合員の場合は介護保険外のサービスを有償ボランティとして行っているところもあります。

5・ボランティア団体・NPO法人
交通費の実費を頂くだけの有償ボランティもあります。社会福祉協議会などでボランティを募集しています。ボランティだから報酬はないのだからという軽い気持ちホームヘルパーをしてはいけません。ホームヘルパーをするからには約束守り、しっかい技術を身につけたうえで行いましょう。利用者にとっては有償・無償に関わらず、今この時、ホーヘルパーを必要としているのですから、仕事の内容に差はありません。

6・家政婦やホームヘルパーを斡旋する民間の職業紹介所です。斡旋のみならず最近では介護保険事業所の指定を取りへルーパー派遣をするところが多いようです。ここの特徴は介護保険では認められていないと徒粉尾Rの家事サービスを行っている事です。就職する場合介護保険によるホームヘルパーの仕事だけなの家事代行の家政婦業務なのあとからトラブルにならないために前もって仕事内容の確認をしておくことが大切です。

関連エントリー