トップページ > 公的機関への就職

ホームヘルパーが働くにはどこかに所属し関を置きます。それには市区町村等の行政機関と社会福祉法人、医療法人、民間の介護サービス会社、ボランティアで構成する市民互助型団体などの民間団体に分けられます。

就職先を考えるとき、まずは自分の働きたい条件、「働きやすいエリア・時間帯」「自分のできる・もつ能力」「報酬はどのくらい希望するのか」を明確にしておく事が大切です。

以前は公的機関は安定している・民間企業よりも利用する側も抵抗がないという事で民間企業よりも公的機関で働きたいといった考え方が多くありましたが、介護保険法の制定により公的機関・民間企業どちらも横一線って感じで労働条件に差がなくってきています。


公的機関への就職


市区町村等の行政機関が直接手懸けるサービスです。利用者にとってはまだまだ公的機関という事で安心感があります。雇用も安定しています。就職するには倍率が高く難関となっています。的機関といっても最近では民間団体へ委託という形が多いようです。民間企業と比べると時間外の対応面で無理が利かない事も多くあります。

関連エントリー