トップページ > 仕事を始めるまでの心がまえ

訪問先へは時間的余裕を持って訪問する。精神的に余裕を持つことで失敗も防ぐことが出来ます。万が一、事故等で遅れそうな時は必ず電話で連絡を取ることが大切です

訪問先についたらまず挨拶。この第一声が訪問者とのよりよいコミュニケーションがと取れるかの大事なところです。心地よい挨拶で利用者は安心でき、気持ちよくヘルパーを受け入れることが出来ます。
利用者はヘルパーの表情を観察しています。
また、家に上がるときは身なりのチェックをします。

相手の表情をよく見てその日の利用者の体調や気分を読み取ることが大切です。その日に行う仕事内容について本人・家族に説明をします。何か要望があるかもしれません。

ケアプラン外のことは原則として行えませんがお聞きしたよう要望については事業所に報告は必ずしましょう。仕事に入る前には利用者のため・自分のために必ず手洗いをしましょう。

関連エントリー