トップページ > 夜間対応型訪問介護について

2006年の介護保健制度改正で始まった新しい制度です。
地域密着型サービスの中に含まれているのがこの「夜間対応型訪問介護」です。夜の時間帯を専門的に担当する訪問介護です。一定時刻に訪問する定期訪問(巡回)と利用者からの要望で随時に訪問する随時訪問の2つがあります。

夜間には昼間にはないニーズが起ります。精神状態が不安定な人が夜になると不穏になり、目が離せなくなります。排泄介助の必要な人が夜間頻尿の場合、手助けが必要になります。一人でベッドから降りてけがをしたり、廊下で転んでけがをしたりと事故が起こります。この様な夜間のニーズをしっかり把握し専門的な技術、知識を持ったヘルパーが求められています。

関連エントリー

銀座のオフィスは本当に家賃がキツイ!ワンストップビジネスセンター銀座なら安くで済むから大丈夫