トップページ > 予防介護について

●2006年の介護保険制度で改正され「介護予防サービス」がスタートしました。要介護認定で「要支援1・2」に認定された人に行われるもので「要支援の人が「要介護状態にならないように。また自立した生活が出来るように。本人が出来る事を増やしていく」事を目的とするものです

●介護予防を行う上で欠かせないことはその人の生活を細かく見極めることが大切です。よくその人見極めた上でたとえば調理をするに時、包丁を使うことが出来るのか、味付けだけでもできるのか、盛り付けまで出来るのか等見極め、自分で出来るところは自分でして頂いて、出来ないところを少しずつでも自分の力で出来るようにする力をつける手助けをするのがヘルパーの予防介護です

関連エントリー