トップページ > ホームヘルパーの現状

高齢化社会が進みホームヘルパーの需要が増えるスピードにホームヘルパーの育成が追いつかないというのが現状です。

介護保険制度により高齢者が自分の望む充実した人生を送りたい、また経済的も豊かになり人生を前向きに積極的に行きたいと考える人が多くなりました。少子化・核家族の中でその考えを現実のものにするためにホームヘルパーに対するニーズが高まっています。ホームヘルパーはそうした幸せな人生を送るための大切なパートナーです。


ホームヘルパーの一日


所属する事業所との連絡を密にとりながら、与えられたホームヘルパーの仕事を行います。常勤ヘルパーは一日の始まりとして所属する事業所に出勤しその後、ヘルパーの仕事をし、事業所に帰り、業務報告書、日誌をつけ、次の日のスケジュールを確認したのちに帰宅します。

登録ヘルパー・非常勤ヘルパーの場合は一日の始まりは事業所には行かず、ヘルパー先に直行し、仕事がおわったら、事業所に電話連絡の報告のみで自宅に帰ります。帰宅後業務報告書・日誌などつけます。 介護保険においてホームヘルパーは毎日、業務報告書の提出が義務つけられています。

関連エントリー