トップページ > ホームヘルパーの仕事とは

ホームヘルパーの仕事を大きく分けると生活援助と身体介護に分かれます。生活援助とは買い物・調理・衣類の洗濯・掃除など日常生活における家事一般を行うものをいいます。生活援助はいままで家事援助と言われていました。

身体介護にはホームヘルパーの判断で出来るものとして食事・排泄の介助・衣服の着脱・清拭・体位交換など要介護者の身体に触れながら行う介護があります。

また、医師の指示の基に行う,食事・排泄の介助・衣服の着脱・清拭・体位交換などの身体介護。そのほか、通院時の移動介助・通院に関連する行為を行う身体介護もあります。

また、家族、介護者の相談・助言など心の面のサポートも大切な仕事の一つです。ホームヘルパーの仕事はまず介護者の自立支援を第一の目的としています。


ホームヘルパーの出来ない仕事


ホームヘルパーがしてはいけない禁止事項には「ケアプラン外の仕事」「医療的ケア」の二つがあります。

ケアマネジャーのたてたケアプランに基づいてホームヘルパーは仕事をします。たとえば生活援助のみのプランの利用者に対して身体介護はケアプラン外の仕事となり身体介護は出来ません。

どうしても身体介護もという場合は改めて必要なケアプランをケアマネジャーに伝え作成していただき、その後身体介護が出来るとというものです。

もう一つの禁止事項が「医療的ケア」と言われるものです。医療行為はホームヘルパーは禁止されています。2005年厚生労働大臣が「ヘルパーの医療行為」についてガイドラインの提示を行いました。
原則として「医療行為」ではないと考えられるもの

1 水銀体温計・電子体温計などによる体温測定
2 自動血圧測定器による血圧測定
3 爪きり・爪のやすりかけ
4 歯ブラシなどを使った口腔ケア
5 軽い切り傷や擦り傷・やけどなどのガーゼ交換
6 耳垢の除去
7 市販のディスポーザブルグリセリン浣腸器を用いた浣腸
8 自己導入を補助するためのカテーテルの準備
などがあります。

関連エントリー

ハリウッドスターが使っているだけあってボッテガヴァネタ 財布は肌触りがいいですね。