トップページ > ホームヘルパーとは

2000年に介護保険法が出来てからホームヘルパーという言葉が広く一般に知られるようになりました。

それ以前は家政婦さんといわれていた人たちが現在のホームヘルパーの仕事と同じ様なをしていたようです。また市役所や社会福祉協議会等を通じて介護の講習を受けた人たちがボランティアでヘルパーとして必要とされる家庭へ出向いて生活の援助をしていました。

身体的、精神的に日常生活が送れない高齢者・障害者等の家庭を訪問して生活のあらゆる面をサポートし、家族の介護負担を少なくする事を仕事とする人を「ホームヘルパー」と呼びます。

少子化・核家族の現在、家族だけで介護・精神的サポートが難しくなってきており、必要に迫られ介護保険法が制定され、ホームヘルパーという職業が一般に普及してきました。

ホームヘルパーはあくまでも高齢者・障害者に対して「自立支援」を目的とをした公的なサービスです。
それにかかる費用は介護保険の中から自己負担分を除いて支払われます。

家政婦、お手伝いさんも同じ事をやっているのではと思われますね。
家政婦・お手伝いさんは依頼者から依頼された事をする個人と個人(企業)との契約であり公的サービスではありません。依頼者から直接報酬を支払われます。ここがホームヘルパーとの大きな違いです。

関連エントリー

格安でも入居できるバーチャルオフィスについてはこちらで知ることが可能となります